スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我ながら・・・

私は絵を描くのが大の苦手。

小さなときから得意な教科が成績をとれることよりも、美術(図画工作)で人並みの成績をとれるほうが断然嬉しかったりします。

今、ホームページを作成している途中ですが、なにぶん絵がド下手ゆえ行き詰っております。いっそのこと、せ~んぶ文書でまとめてしまいたいぐらい。まずななめ45°の絵が描けないので説明しづらい。真横からの絵でしか描けないので絵自体もわかりづらい。ホント、どうしたものか・・・

ここにきてホームページの作成がほとんど足止めに近いくらいのペースでしか進んでいません。全ては自分の絵ごころのせいでございます。仕上がったらこのページでも改めてお知らせしますので、ページ内の見苦しい図をご照覧いただければと思います。

想像力

マンションの埋設給排水管の掘削現場を多くみていた時期がありました。

その時たびたび目の当たりにする「ありえない配管」。当時は全てのこの手の配管はそう思っていましたが、勉強していくことによって、「ありえない配管」が「仕方ない配管」となることもあるんだと思うようになりました。

本来ならこんなところでこんな曲げ方をすることはないだろう、材料がなくてあり合わせでつけたのだろうか・・・よくそう思っていた配管を目にしてきました。ところが給排水管が配管されている部分、特に埋設部分にはほとんどの場合、ガス管や電気配線なんかも並行して埋設されています。

この他の埋設物に「どうしても避けられない規則」が存在する場合、たとえば電気配線をここでこう通さなければ機能に支障がでる・・・といったものがある場合、そこで電気配線に無理が出てきます。その電気配線の無理を目の当たりにしたガス配管業者さんが見てガスの機能に支障が出ないような配管をしてかわす。その無理の積み重ねが排水管にしわ寄せが来る・・・そんなことも少しずつですがわかってきました。

水道業者に見せれば「ありえない配管」も新築時にあるさまざまなドラマが「致し方ない配管」にさせたのかもしれません。配管が語るドラマを少しでもくみ取れるように技術を磨いていければなと思っています。

・・・でも、それを踏まえても「ありえない配管」が往々にして
               存在しているのも事実ではありますが・・・(-_-;

絶対に言えること。

絶対に言えること。
それは「絶対はない」
先日はこのことを痛感しました。

続きを読む

お礼

このブログを再開して2か月ほど経ちました。

思い返せば5年前、毎日とりつかれたようにパソコンに向かって記事を書いていた日々が思い出されます。

この記事を書きながら、5年という歳月にびっくり。2年の充電期間がありながらもよくこのページを残しておいたな・・・と。

正直このブログを再開するのも多少の不安があったことは間違いありません。ブログの女王も代替わりしたとも思える昨今で果たしてなんの宣伝もなしに、しかも毎日更新から(基本)週1不定期の更新で受け入れてもらえるのかどうかと。

こんな頻度でもコメントを下さる人がいることに本当に感謝です。最近ではさらに値引き競争が激化しているこの業界。「排水管清掃なんて、ただやってれば良い」と考えられているのではないかとも錯覚しかねない中で、見ている人は見ているんだな、と思えるコメントをいただき、本当に嬉しく思います。

最近の価格破壊は意味を為さないとのコメントを評している方もでています。この業界だけにあてはまるものではないとは思いますが、過度の価格破壊は「安全」と「安心」を破壊します。2人で1日60件ほど施工している業者さんを見ていると「なんかあったらどう対応するんだろう?」と思っています。

そんなあまりよくない風潮が主流になりつつある中でこのブログでいただけるコメントは本当に元気がでます。

これからもくだらない記事をつづっていくと思いますが、懲りずにお付き合いいただけると幸いです。

ありがとうございます。

自分を奮い立たせてくれた曲

今日までの充電期間(としておきます)に自分を勇気づけてくれた数々の名曲(?)を紹介。聴く機会があればぜひ。

とにかく私はB'zのファンなのでこちらから紹介。

B'z ピエロ
B'z New Massage
「滑稽」という言葉を肯定してくれた曲。1つの終焉は1つの始まりであることを気づかせてくれた曲。

こんな曲も聴いていました。
湘南の風 Joker
湘南の風 黄金魂
いかつい人たちが体当たりで歌う曲にぐっときました。

Dreams Come True
その先へ
自分の直面している闇の先はなにがあるのか?

気がつけばこの曲だけしか聴いてなかった期間もあります。共通している部分は、とにかくもがけ!足掻け!その先には自分を成長させる何かが必ずあると信じさせてくれた曲。

苦渋という泥にまみれた私もちょっとは成長できた・・・かな?とにかく成長しつづけること。そして疲れたらしっかり休むこと。このバランスを崩さなければきっと何かつかめると少しポジティブに考えが変わりました。

これからも「ほどよく」がんばっていきます。
プロフィール

たち

  • Author:たち
  • とうとう35歳になり心身ともにさらにあぶらがのりきってます。
    趣味:水泳・スキー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashアナログ時計(背景可変版)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。