スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対に言えること。

絶対に言えること。
それは「絶対はない」
先日はこのことを痛感しました。
ある日のこと。

お客さんから1本の電話が。

「地下汚水槽が今にも溢れそうになっている、すぐ来てほしい」

お客さんから状況を聞くと、とりあえずポンプは動く様子。そこで

「ポンプを手動にしてしばらく回しておいてください」

とお願いし、現場へ急行。しばらくすると会社に汚水槽の水が引き始めたとの一報が。とはいっても原因が何にあるのかわからないので、状況だけは確認することに。

現場に着いて状況の調査。ポンプは2年ほど前に替えたとのことで割と新しい。ポンプの動作を確認するために自分はポンプの前に、お客さんにポンプの操作(手動操作)をお願いして動作することは確認。確認したうえで、フロートスイッチ(水位によって自動的にスイッチがON-OFFするスイッチ)を動かしたけど反応がない。フロートスイッチに問題があると判断し、対処することに。

この「原因はフロートスイッチであるという思い込み」が後々ネックになっていきます。

さて、応援を呼んだ私はしばらく待機。応援の人が到着し、今度は2人で確認調査をすることに。2人で調査するうちに違和感が。

フロートスイッチは動作しないのに、ポンプが動作(手動)するのは確認した。なのに配電盤をみるとサーマルトリップ(ブレーカーOFFのようなもの)が効いていて、ポンプは動かないはずとのこと。

実はお客さんにポンプを手動操作してもらった時間帯は部外者以外入れない時間帯だったため、サーマルトリップが働いているかどうかは、ポンプの動作で判断しました。ところが実際にはこのサーマルトリップの状態でポンプが動くことがないはずなのです。

よくよく見てみると、確かに配電盤はダウンしていて運転不可状態。
では何故ポンプが動いた??
そこでお客さんにポンプの手動操作をもう一度お願いすることに。するとおもむろに配電盤のカバーを開け、配電盤内の開閉器を動かしました。その私の中では「ありえない動作」が自分の推論を音を立てて崩していきました。

てっきり手動操作は配電盤の切替ダイヤルでしていると思っていた思い込みが原因の確定を遅らせました。お客さんが操作していた開閉器は電源の一次側(ブレーカーよりも電源側に配線されているもので、サーマルトリップに影響されない位置)に付いていたので、この開閉器を上げるとブレーカーが落ちていようが、サーマルトリップしていようがとりあえずポンプは動く仕組みになっていました。おそらく建物の特殊性からひとまずどんな状態でも動かすことが可能なように(????)配線したのではないか、と。このような配線は初めて目にしました。

経験は時として考えを硬化させ、現在ある状況を正しく見せないことがあります。気をつけないと。
絶対にないこと、それは「絶対」。反省。
この出来事のつい数日前に「バカの壁」の「80%の推論」を読んだはずなのに・・・猛省。

ここでいう「サーマルトリップ」とはモーターの過負荷、過電流を察知し、設定値以上の電流が流れたときに電源を遮断した状態をいいます。サーマルトリップが起きた状態では一般的に(今回の反省に基づいてこの言葉を引用)電源が供給されず運転停止状態となります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

築20年を経過した私のマンション

築20年を経過した私のマンション
 300世帯に少し足りないマンションです、築20年を経過すると色々な部分に不都合が出てきます。建物自体の修繕は何とか長期修繕計画で凌ぐ事は出来そうですが住環境の改善項目が多くあります。高齢者が増えて階段をスロープに出来ないか?、エレベータを各階に止められないか?、山間地なのでエスカレータのような搬送機が付けられないか..様々な人間の環境要求変化で取組まなければならない問題が多いです。ブログの管理人さんは設備関係に詳しいようですね?
 楽しみに読ませて頂きます。

Re: 築20年を経過した私のマンション

goenさん

ブログを拝見してくださり、ありがとうございます。
goenさんがお住まいのマンションも大事な時期に差し掛かっているようですね。築年数や階数、さらには立地条件まで修繕計画に影響してくるのがマンションだと思います。マンションは今までどれだけ「いたわり」を持って接してきたかが顕著に出てしまう建物です。建物とはいえ、思いやりを持って維持してあげれば新築マンションに引けをとらないような住みよいマンションにしていくことは十分に可能だと思っています。人とマンション、共通する点は非常に多いです。生みの親が建築会社さんであるなら、育ての親はマンションに住まう居住者の方です。goenさんも大変かと思いますが、このブログが少しでもお役に立てたらと思っております。

更新頻度は依然と比べ少なくなってしまいましたが、内容はその分濃くと心がけています。コメントでいただいたご質問にも出来る限りお応えできればと思っておりますので、また立ち寄っていただけたらと思います。

これからもこのブログをよろしくお願いいたします。
プロフィール

たち

  • Author:たち
  • とうとう35歳になり心身ともにさらにあぶらがのりきってます。
    趣味:水泳・スキー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashアナログ時計(背景可変版)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。