スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を奮い立たせてくれた曲

今日までの充電期間(としておきます)に自分を勇気づけてくれた数々の名曲(?)を紹介。聴く機会があればぜひ。

とにかく私はB'zのファンなのでこちらから紹介。

B'z ピエロ
B'z New Massage
「滑稽」という言葉を肯定してくれた曲。1つの終焉は1つの始まりであることを気づかせてくれた曲。

こんな曲も聴いていました。
湘南の風 Joker
湘南の風 黄金魂
いかつい人たちが体当たりで歌う曲にぐっときました。

Dreams Come True
その先へ
自分の直面している闇の先はなにがあるのか?

気がつけばこの曲だけしか聴いてなかった期間もあります。共通している部分は、とにかくもがけ!足掻け!その先には自分を成長させる何かが必ずあると信じさせてくれた曲。

苦渋という泥にまみれた私もちょっとは成長できた・・・かな?とにかく成長しつづけること。そして疲れたらしっかり休むこと。このバランスを崩さなければきっと何かつかめると少しポジティブに考えが変わりました。

これからも「ほどよく」がんばっていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めてコメントします

配水管工事の関係でお仕事と言う事で初めてコメントします。
 当方のマンションも入居後20年を経過しました、理事会ではその期間何度か配水管の検査を行う必要があると意見が出てますが、管理会社はその時期にはまだ早いとの回答で実施しておりません。
 業界の方に聞きましたら必要性はマンションを建てた建設会社とか使用している配水管の材質などで判断が一様ではない。事前調査は15年以上の経過マンションでは一度は調べておくことが望ましいとも言います。
 
 ブログさんはこの関係のお仕事をされていると紹介されてますのでコメントしました。

Re: 初めてコメントします

goenさん、コメントありがとうございます。

goenさんが問い合わせた業者さんのおっしゃる通り、一概に○○年とは言えません。ただ、使用している管種によって考え方がかわるものと思います。腐食する管(鉄管など)が排水管に使用されていれば、そろそろ調査したほうがいいかもしれません。

また、マンションで排水管清掃をしていて、その報告書内に経年劣化と思える特記事項などがでてきたり、清掃しても排水不良を起こしたり(専有部、共用部問わず)したら調査をするタイミングと考えていいかもしれません。特に年に数件排水不良が起こったり、竪系統(上下階の系統で数件出た)などの傾向があれば調査のタイミングは目の前といってもいいかもしれません。

調査をする業者さんの選定も大事になってきます。調査して管内の状況がどの部分でどのようになっているかをわかりやすく説明してくれることはもちろんですが、管の改修工事の計画をいつに定めるか、どの工法で工事を進めるかを提案してくれる業者さんが理想です。一昔前では更新(管を取り替える)工事が主流でしたが、昨今では更生(既存の管内を再用した)工事の技術も進んでおり、その部分の情報に長けた業者さんに調査してもらうことをお勧めいたします。

調査は調査だけで終わってはいけません。(結構調査だけで終わって書庫に眠っている報告書を見かけます)その先にあるのは修繕ですのでその部分をフォローしてくれる業者さんを選ばれるのがベストです。

こんなお返事で恐縮ですが、お役に立ったでしょうか?
ご不明な点が出てくれば可能な限りお答えできればと思いますのでまたコメント下さい。
プロフィール

たち

  • Author:たち
  • とうとう35歳になり心身ともにさらにあぶらがのりきってます。
    趣味:水泳・スキー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashアナログ時計(背景可変版)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。