スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の貯水槽事情。

受水槽と高架水槽を併用して使っているマンション多いと思います。ある程度の高さを持つマンションでは各戸内で十分な水圧が得られないため、本管から受けた水をいったん受水槽に貯め、ポンプで高架水槽に水を貯めます。なぜこんなことをするかというと、家の給湯器にカラクリがあるんです。
給湯器はある程度の水圧がないと点火しないようにできています。よくちょっとだけお湯を使いたくてお湯をチョロチョロ出しても一向に水がお湯にならないなんてことないですか?水を勢いよく出すとお湯になりますよね?水圧が低いとこの現象は起こります。点火に必要な水圧を稼ぐためにマンションでは一旦屋上に上げてから水を落とし水圧を上げる方法がとられています。高架水槽がマンションの屋上の更に高い位置(架台等を設けている)に設置されているのは、最上階でも十分な水圧を得るためです。水の位置を高くすることで最上階でも給湯器がちゃんと機能するだけの水圧を確保します。
この「受水槽と高架水槽」の関係は少し前の主流となっていました。
ところが受水槽と高架水槽を清掃すると「架台の劣化」が見られるマンションが少しづつ多くなってきました。この方法をとっていた時のマンションはそろそろこのような不具合が出てしまう頃です。さてどうしたものか・・・
「いっそのこと高架水槽を取ってしまってはどうでしょう?」
現在のマンションの給水装置の主流は受水槽の水を屋上まで必要な分だけ揚げて、そこから落としてあげるようになっています。(水を揚げる管と落としてくる管を屋上で直接継ぎます。)それはポンプの性能(使用圧力、使用頻度の増加に対する信頼性など)が向上したことで可能になりました。これは高架水槽があってもちょっとした改修工事で可能になるんです。ですから架台の改修も頭に入れながら、高架水槽を撤去してポンプを取り替えるといった選択肢も入れてみてはどうでしょう?
でもコストが気になるとこですよね?でも高架水槽を取ると結構メリットがあるんです。
次回は高架水槽を取るメリットについてお話したいと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『家づくり物語』 ・・・写真で綴るアルバム絵本 その一(表紙編)

家づくりの物語をアルバム絵本に !『アルバム絵本』=(家づくりの愛ブック)という訳は、更地~地鎮祭~上棟式~竣工までのストーリーを施工写真やご家族の写真で愛ブックの編集ソフトにある多彩なレイアウト・背景(デザイン)・イラスト(クリップアート)・吹き

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たち

  • Author:たち
  • とうとう35歳になり心身ともにさらにあぶらがのりきってます。
    趣味:水泳・スキー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashアナログ時計(背景可変版)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。