スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の洗濯機事情

最近は「斜めドラム式」の洗濯機が市場に出回っています。


この斜めドラム式の洗濯機、使用水量も少なく省エネということで新しく購入される方も少なくないのでは・・・


その「斜めドラム式洗濯機」、排水管清掃業者にとっては非常に業者泣かせ。洗濯機の下にある洗濯防水パンより排水管清掃を行いますが、最近のマンションでは全自動洗濯機ようの防水パンといって、ほぼ正方形の防水パンが付いています。通常洗濯機はこのサイズに収まるように設計されており、排水は洗濯機の下にあるので全自動用防水パンはたいていの場合、洗濯機を移動して洗浄します。


が、この「斜めドラム式洗濯機」は非常に重く、移動が困難。今まで1人で移動できた洗濯機も少なくなってきました。さらに困るのは移動したときの対処。洗濯機の周りに物がおいてあったり、もともとコンパクトに設置されているので、移動したはいいものの置き場所がなかったり、洗濯機と壁(クロス)の隙間が指1本と入らなかったり・・・最近の洗濯廻りの排水管洗浄は苦労しています。


最近では排水管洗浄用に本体のカバーが脱着できるタイプも出てきているようで、カバーを外すと、排水トラップが見られる構造のものをあるようです。


このような機能の洗濯機が多く出回るといいですね。


マンションにお住まいの方は、新しく洗濯機を購入される場合はこの機能も充実した洗濯機をおすすめします。気を遣って洗濯機を移動するにしてもやはり多少のリスクも伴うし、日常の排水器具のお手入れも簡単にできたほうが安心です。
スポンサーサイト

思い返すこと、2年前

新しくカテゴリーを追加しました。


思い返すこと2年前、前回の記事にもあったように自分の心は重く沈んでいました。


自分に自信がもてない。


この先の目標が見当たらない。


こうやって文字にしてしまうと単純ですが、現実にはそうはいかず、考えなくてもいいことまで深く考え込んでしまっていました。


資格取得のきっかけは…


ある管理会社のフロントさんがいました。たくさんいらっしゃるお客さんのなかで、わりと腹を割って話せるお客さんの1人。ある日のこと、とある物件の相談事を持ちかけられました。それは「給排水」ではなく、「消防」のこと。私は当たり前のように


「消防はわからないんですよ」と返答。すると

「何言ってんのよ、消防も水でしょう?」と半ば強引な返しが。


このときはこんな他愛もない話で終わったのですが、よくよく考えてみると確かに漢字に「さんずい」があるので「水」ともとれるよな…ん?


なんかいつの間にか自分の中で考えが凝り固まっていた感じを受けました。


専門業者としての「水」の捉えかたと、一般の「水」の解釈に齟齬があるのではないかと。いつのまにかお客さんとの見えない、しかもわかりづらい部分で距離ができてしまっていたのでは…そんな風に考えるようになりました。


数日後、インターネットで「消防設備士」というものに興味を抱きいろいろ調べた結果、たまたま大学の卒業学科で「甲種」が受けられることが判明。


ちょっと受けてみようかな…そんな気持ちになっていました。


1つの目標に動き始めた私でありますが、これを確固たる「決意」に変えてくれたのはとある人のとある言葉。


それはまた次の機会に…


現在の自分が存在できている「人生の分岐点」、お話はまだ続きます。

おひさしぶりです

今の今まで更新できずにおりました。
自然と足の遠のいた方もいらっしゃるかと思います。

何かに取りつかれたかのように毎日更新していた日々。当時ブログのネタがなくなって盗作に走ったニュースもありましたが、なんとなくその気持ちがわかるような気もしました。でもそんなことするくらいならと自分に理由をつけてはどんどんどんどん遠ざかって今日までになりました。


いろいろ悩みました。
堕ちるところまで堕ちたような気もします。
何もかもが嫌になった時期もありました。


でも


助けてくれた人がいました。
助けてくれた人はその人なりの言葉で堕ちた私を引き上げてくれました。
これから自分がどうすればいいのかヒントを投げかけてくれた人がいました。


たくさんの人たちの支えがあって、ようやっとここに記事を書けています。もうおそらく毎日の更新はないでしょう。「できないものはできない」と考えるのも大事だと思えるようになりました。自分の中でやっと何かが変わった気がします。


支えてくれた人たちに感謝の意をこめてこれから少しずつまた書いていこうかと。記事の更新の頻度を少なくしても支えてくれた人たちの感謝の意に報いる・・・とまで書くとまた苦しくなるので、「日記」の原点に返ってまた少しずつ呟いていこうとおもっています。


支えてくれた人たちに1人でも多くこの記事が目に留まってくれることを願って・・・


「たちのつぶやき」第2章のプロローグです。
プロフィール

たち

  • Author:たち
  • とうとう35歳になり心身ともにさらにあぶらがのりきってます。
    趣味:水泳・スキー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashアナログ時計(背景可変版)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。