スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月も終わり・・・

コレだけあっという間に過ぎていった月はたちにとっては初めてかもしれません・・・というほど今月はいそがしかったぁ~。1日24時間じゃ全く足りない状態。たちの頭の中と机の上は史上最大の混乱状態となっております。

確かに2月って28日しかないから数字的にも確かに短いのですが、それでも1日過ぎていくのがあっというまでした。

忙しいにもかかわらず一度乗りそびれた感のある勢いをひたすら追いかけている状態。もう少ししたら何とか抜け出せるかな・・・

たちはこれから排水管のビデオをDVD化する仕事に入ります。過去ログにも触れたように作業3分待ち1時間・・・の繰返し。『急ぎ』指示なので今日も会社にお泊りです。

3月もまた宜しくお願いします。
スポンサーサイト

理事会との兼ね合い。

分譲マンションで清掃の話をすすめていくには絶対不可欠といって良いほどの過程を越えていかなければいけません。それは・・・

理事会。

理事会で承認されなければこういった清掃事は着手できない場合がほとんどです。こちらで予定している日程と理事会の話の具合によっては清掃がうまくまとまらないことがあります。理事会はほとんどのばあい土日を使って行われるので月曜日は打診した理事会の内容の確認作業をします。うまく話がまとまっていると一安心。たまぁ~に

『値引の話が出た。』

時には

『話がうまくまとまらなかった。』

もしくは

『違う業者も視野に入れている。』

強烈なのが

『議題にあがらなかった。』

なんてことも。今回の確認作業でもちょっとだけ雲行きが怪しかったのですが、何とかうまく話をまとめる事ができました。一安心。

お陰様で何とか来月の目処もたちました。
更に上を目指すべく頑張っていきたいものです。

徹夜明け。

徹夜明けで帰宅時間は7時。

目が覚めて午後2時。

ご飯食べて3時。

子供と7時まで遊んで夕飯。

気が付いたら夜9時。

・・・ものすごいもったいない1日をすごしてしまったのではないか・・・こんなにムダに時間を使って良いものだろうか?いやダメだ・・・そこで・・・

バスタブを掃除しました。

う~んなんか物足りないな・・・

録りためていた映画を1本見ました。

・・・何とか実のある休日をとることができました。

よかったぁ。

でも結構有名な映画を見たんですけど、展開の意外さが度をこして、あんまり面白くない内容でした。残念・・・

しっかり仕切りなおしはできました。
明日からまた頑張りましょう。

仕事の合間に。

大量の仕事で埋もれている合間をぬって書いてます。

今日は排水管清掃の現場作業員として日中出ていました。自分の役割は足踏みで各部屋の玄関先で水圧を調整する役割なのですが、この役割のときはやたらとマンション・高層ビル・戸建などの景色が目に入ってきます。そこで何気なく見ていた中で思ったのが「あ、最近増えた。」

何だと思いますか?

続きを読む

たちが現場にでると・・・

たちが現場に出ると天気がホントによくありません。今日は雪が降るとの予報も出ていました。実際雪は降らなかったので助かりました。が、

今日はそれだけに終わりませんでした。

今日は受水槽清掃をしたんですが、受水槽内に入る梯子が、『バキン!!』といって折れました。たまたま高さが自分の身長よりちょっとだけ高い受水槽だったので大事には至りませんでしたが、ちょっとヒヤッとした出来事でした。その梯子を会社の人に見てもらったら『こんな事もあるんだ・・・』とボソッとつぶやきながら『初めて見ましたよ、この梯子が折れてるとこ』・・・やっぱりコレ、折れないですよね、普通。でもこのような環境にある梯子も年々劣化が進んでいくと上司の言葉。驚きました。普段多少きしむ音がしてもびくともしなかった梯子もいずれは劣化するとは・・・勉強になりました。・・・あと梯子の金額も・・・

よく高架水槽に上る梯子が錆びていたりしているのはありましたが、梯子が破損するのは自分も初めての経験でした。たちの新しい(恥ずかしい)伝説がまた一つできてしまいました。

笑い話で済ませていられるこの現状は本当にラッキーでした。こういったことも起こり得る、という戒めにもなりましたしね。ホント危険はどこに潜んでいるかわかりません。気をつけたいものです。

受注の神様。

『受注の神様はちゃんと見ている。』

昔営業の上司が言った言葉。昔は「何言ってんだか」と思っていましたが、最近妙にこの言葉が心のどこかで引っかかってます。朝誰も気付かないところを掃除・整頓を積極的にするように心がけていたら、5年以上前のこの上司の言葉を思い出しました。会社を片付けながら『受注の神様はどっかでみてんのかな』なんて思いながら。気付かないところを掃除・整頓をすることはいわゆる『雑用』といわれるもの。でも前にラジオで流れていた言葉を必ず思い出します。

「雑用は『心を雑にして用を足す』ことです。この世に『雑用』は存在しないはず」

非常に良い言葉だと思って座右の銘の一つにしています。用を雑にこなすとその仕事にミスやスキが生まれてしまうもの。ただでさえミスが多めなたちの仕事にこういった気持ちは禁物と思っています。最近自分の仕事の中で『雑用』という言葉は激減しました。良いことです。

なんでこんな言葉を書き留める気持ちになったのか、自分でもわかりません。『しっかり自分を見つめなおせ』ってことかな。

できることからコツコツと

会社のお金の動きは大きく『収入』と『支出』に分かれます。当たり前のことですが、最近思うのですが、そこから大きく『利益』を生むには2通り『収入の増加』か『支出の減少』がいかにできるかで決まってくると思ってます。これも当たり前なのですが・・・なぜこんな話をするかというと今回「支出を減らそう」という話がでて1台輪転機を会社に入れることになりました。同じ印刷物をん百枚とするとコピー機より輪転機のほうが支出を抑えられるというところから導入が決まったのですが、いままでの自分の頭では『新しい機械を入れたらその機械の費用も加算されるのだから支出を抑えられないのではないか?」なんておもっていたのですが、どうやらそうでもないみたい。ビックリしました。業種の特徴としてマンションに同じ印刷物を何枚も配布することが多いのでコピー機の営業さんがそこを提案してくれたわけ。いいアドバイスをもらいました。さてこの機械が導入されると今度たちは導入準備に追われます。でもすごい世の中になったな・・・小学校のころ輪転機をちょっとだけ見たことがあるけど絶対子供だけじゃさわらせてくれなかったもんな・・・はやく輪転機来ないかな・・・どんどん活用しよ。

たちは早めのスタートです

去年は1月から散々な目に会っていました。
今年もいよいよこの季節がやってきました・・・そう、花粉です。コレをうっている今も目がかゆくてたまりません。でも今年は幾分マシな様な気がしていますが・・・

つい先月、目が大きく腫上って眼科にかかったとき、『ものもらいではなく、アレルギーか細菌が原因』といわれアレルギーは無いはずだしなぁ、なんて思っていたら花粉症って一種のアレルギーなんですよね、うっかりしてました。このブログを見ている人で花粉症のひどい人いませんか?

実は前職でドライバーをやっていたとき栃木県の国道でスギの木がびっしり10km位続く道があるのですがその道路を走っていたときに涙が止まらず、しかもかゆくてたまらず側道に駐車して休憩したこともあります。今考えただけでも目がムズムズします。

花粉症の人にはつらい日が続きます。
世の花粉症のみなさん、がんばっていきましょう。

データが破損!

身体がまだ復調していないけど気合で出勤している私です。

過去ログでも触れた予算取りについて今日もてんやわんやしているのですが、今日は気合を入れて深呼吸してさぁいざ見積!

いつになくキーボードを叩くスピードが速い!!
自分でも怖いくらい・・・
そう、怖いくらい・・・
予感的中!

一気に仕上た見積が・・・

全てデータ破損。
・・・・・・・さて、

きょうは・・・

やめた!

・・・仕切りなおしで明日頑張ります。

燃え尽き症候群。

連日に次ぐ深夜作業のおかげで仕事が大方片付きました。・・・というか片付き過ぎてヒマになってしまいました。当然身の回りを見渡せばやらなくてはいけない仕事はあるのですが、急ぎの仕事はもちろん急ぎでない仕事も深夜作業で片付けてしまい心にぽっか~んと穴が開いてしまいました。とりあえず仕事が片付いた安心感はたちにとっては大敵。

たちまち身体が変調の兆し。

今日の夕方から微熱続きでございます。
早く復調せねば。
たちの身体はトコトン仕事するようにできているようです・・・

最近のデジカメ、性能が良すぎ!

数年前と比較して相当デジカメの画素数が上がってきました。

昔は600万画素等になると値段も画質も飛びぬけて良いものでしたけど、最近では600万画素なんてザラ。

なんでこんな話をしたかというと・・・
最近会社のなかでもあいてぃかが進んでデジカメで写真を撮って報告書に添付する傾向が出てきました。ウチの会社は共有して誰がどこで写真を撮影したかが確認できるようになっています。会社では100万画素を推奨しているのですが・・・

・・・最近のデジカメって100万画素の設定がないものがあるんです。限りあるハードディスクの容量を出来るだけ節約したいのですが、最低300万画素なんて機種も出てきてさぁ大変。しかも設定間違えて400万画素で大量撮影、ひどいときは500万画素なんてときも。スゴイ時代になってきました。

たちみたいにパソコンが無線でしか対応できないと仕事にならないときがあります。(有線LANが壊れてしまったばっかりに・・・)

でも、少しでも社内で『コスト削減』のためには非常にデジカメ活用は有益です。どんどん活用して欲しいし、活用ツールもどんどん考えていきたいと思ってます。

予算取り。

この時期はどのマンションの組合さんも予算取りの時期になってきます。

そうなると、私は昔の資料を引っ張り出してどの金額で請け負ったか、そして前年の金額の経緯はどうなっていたか(値引の交渉があったのかもしくは過去何度値引をしたか)を物件ごとに調べ上げます。特に気をつけなくてはいけないのが『改修工事の有無』。何もなければそのまま前年どおりの見積で提出するのですが、清掃に関係する改修工事があった場合(配管替えをした、高架水槽・受水槽を撤去したなどなど)は見積が大きく変ってきます。とくに自社で施工した場合は恥ずかしい結果にならないよう気を遣います。

この予算取りを無事に通過するかしないかで今年の仕事が見えてくると言っても良いくらい大事な時期です。抱える件数が多いのですが、ミスは絶対にマズイ仕事。(他の仕事だってそうなんですけど)落ち着いて仕事せねば。

高圧洗浄車 × -1

理屈ではわかっていたんですが・・・

圧力ってうまくできているもので、ある一定の圧力がかかるとそれと等しい負圧が発生し、均整を取ろうとする性質を利用して、高圧洗浄車に部品を装着してバキュームが出来るようになるんだそうです。この業界に数年勤めてそんな機械があるコトを初めて知りました。お恥ずかしい限り・・・

つまりこの機械が(-1)の役目をして高圧洗浄を一転、バキューム清掃に変えてくれるわけです。しかもこの機械の作り自体は単純で(でも高い!)機械に不具合が出てもある程度自分達で対処できるみたいです。

・・・と社長から教えてもらいました。新しい道具を見たら使いたくなるのが人情。そこで・・・

今度自分の持っている物件で試そうと思ってます。コレがうまく使えたら清掃・営業の幅がどんどん広がっていくような気がします。
早く使いたいな・・・

今日は実のある勉強会でした。

今日は取引先の人を呼んで講習会をしてもらいました。

講習内容は『ポンプ』。

ポンプは給水ポンプと排水ポンプに大別されるのですが、このポンプ一旦不具合起こすととんでもなく厄介なんです・・・が、対処法を教えてもらいました。これが実に解りやすく実のある話で普段ポンプの外観だけは良く見ているので、『このポンプのこの部分』と説明を受けているうちに『何かあっても何とかできるかも・・・』と思える位に。よくある『机上の勉学で出来るような気に』なっている状態。でも実は来月自分の物件でポンプの点検があるんです。そこでお願いして同行して仕組みを教えてもらう事になりました。今からとても楽しみ。たちはモノをこわす分解したりするのが大好き。特に電気製品は分解するとワクワクします。それで犠牲になった電気製品数知れず。

当然今回は自分でポンプをどうこうするほどの度胸はありません。ただ自分で出来る範囲でしっかり勉強したいと思ってます。

新しい知識が身に付いたらまたおり見てUPしていきます。

今日で何回目かな・・・

今日は排水管清掃の集計で今年○度めの徹夜作業でした。

本当は楽できる方法もあったのですが、ちょっとしたミスが大きなトラブルになりかねないので面倒ながらも最初から一つ一つ仕上ました。

名簿の作成が約400件あって0時から始めて終わったのが6時、昔は1週間位掛かっていたのですが正味6時間で出来るようになり『おぉ、結構タイピング上達したかな・・・』なんて思いました。

夜が明けてちょっとだけ家に帰って通常通りに出勤・・・したものの家で15分寝たら、もうだるくて身体が動かないんです。でもそれじゃマズイと思って取った行動は・・・

わざとベッドから落ちました。

おかげで目が醒めました。

しかし、昼頃になってもうどうにも眠くなってちょっとだけお昼寝させてもらったのですが夜もう限界・・・というところまできたので定時ちょっとであがりました。

これで大きな仕事は大方片付きちょっと安心しています。過去の傾向からみると3月までは踏ん張りどころ、体調とうまく相談してやっていこうと思います。

会社の仕事のビッグイベント、その1

いつもお世話になっている物件でちょっと変わった清掃をさせてもらう物件があります。

普通の排水管清掃だと『全戸に清掃の施工を促して組合さん(もしくは自治会さん)より清掃代金をいただく』システムなのですが、今回の物件は『希望を募って現金で清掃代金をその日のうちにいただく』排水管清掃なんです。ざっと内容をまとめてみると・・・

まず役員さんから清掃を希望している方のリストを集計して、清掃の予定表を作成します。予定表を作ったらすぐ各戸に予定日を配布して共用部の清掃を始めます。共用部の清掃が終わり次第、専有部の清掃に入るわけですが、普段お客さんから集金する事がない現場の人たちにとってこの仕事は慣れないだけに神経を使うようです。

一昨年位から自分が原案をパソコン打ちするようになったのですが、この作業は今になってやっと慣れてきました。扱う情報も情報だし、件数もかなり多い物件なのでこちらの作業も神経を使います。慎重に仕事してミスが無いように清掃を終えられるように努力したいと思います。

昨日夜更かしして・・・

最近夕飯食べたらすぐ寝てしまう習慣が身についてしまっていましたが、昨日はちょっと気になるテレビがあったので夜更かししました。

いよいよ冬期オリンピックが始まりましたね。しかも大会初日でモーグルが見れるので楽しみにしていました。男子・女子問わずあの姿はカッコいいですね。予選が無事終了し決勝までしっかり見ましたが上村選手は惜しかったですね~。滑った直後は『イッタ~』と思ったんですけど・・・いやいや残念。でも上村選手は次回のオリンピックをもう照準に入れているとのこと。スゴイエネルギーの持ち主ですね。昔スキーを始めたばかりの頃、『モーグルでとんでもない選手がいる』なんて噂になったほど。もうあれから10年以上は経っているはずなのにそのバイタリティーの持続力に驚くばかり。当時のたちと比べると、体重は6割増しになりお腹は5割増し。日々身体の爆弾の導火線が短くなるのを感じている今のたちとは雲泥の差です。『変わらないことは変わることよりも難しい』なんてCMあったっけかな。見習わなきゃ。

まだまだ眠れない夜は始まったばかり。マンションの大規模修繕が始まり、ハイビジョンで見れないのが悲しいですけど、しばらくテレビに釘付けの日々が続きそうです。

明日は出勤なのですが・・・

明日は出勤となったのですが、ちょっとした会合に参加することになりました。

普段色々な会社の方と接する機会も多いのですが、こういった機会はそうないので楽しみです。

実はこの会社の方のほとんどは電話だけの付き合いが多く、ひどいときはFAX、メールでしか会話したことがない人もいらっしゃるので是非会って挨拶出来たらと思ってます。

頭の中で『あの人は確か○○でお世話になった人だったよな・・・あの人はあっちの現場で段取り取ってくれた人だよな・・・』なんて確認をしています。

・・・会合が終わると懇親会があるそうで・・・その料理がまたおいしいと評判!こっちも楽しみにしております。

・・・とはいっても仕事の一環であり、何せはじめての経験なので吸収できることも多いはず。しっかり勉強してこようと思います。

反省の日。

今日は自分の不甲斐無さゆえ凹んでいます。

今までず~っと1年半にかけて管理人さんとの人間関係を築いてきたのにもかかわらず、タイミングがずれて新規物件を取り損ねてしまいました。情報収集の足りなかった事と、目先の仕事で追われて後回しにしてしまった事が大きな原因。

次こそは・・・と思っても順調にことが進んで1年後。悔しくて悔しくて自分自身に非常に腹が立ってきます。失敗して思うのは『忙しかったからは理由にならないということ。』今年一番力を入れていこうと決意して一番堅いと思っていただけに・・・残念。

ここで気落ちし続けても仕方ない・・・とわかってはいるのですが、思い入れが強いだけに・・・

ちょうど良い事に明日から休み。しっかり気分転換して来週から新しいところに目を向けなくては。

これをきっかけに転落し続ける事のないようにいきたいと思います。

二度と同じ失敗はするまい!!!

改めて思う“挨拶”の大切さ。

前職でこんな事をいった上司がいました。

「挨拶は非常に大事なもの。仕事で挨拶がしっかり出来ていれば仕事は7割の出来栄えでもお客は満足する。そのお客さんに携わる人間の挨拶が出来てなければどんなに良い仕事をしてもお客は7割の出来栄えでしか見ないことを覚えとけ!」
・・・さて、この言葉が100%良いものなのかどうかは別にして・・・

たちは思うに挨拶が大事だ、という事には変わりないようです。でも挨拶もしっかりして、かつ仕事も100%の出来栄えでお客さんに提供することが一番だと思ってます。

築年数が経ったマンションに住んでいる方は割りとお年を召した方が多く、居住者の方から『ご苦労様』なんて言葉を掛けていただきます。逆に築年数が浅いマンションの居住者の方はあえて挨拶をしないように避けるように通っていきます。テレビで『小さい子に知らない人に挨拶をしちゃいけない』なんていった人がいますが、果たしてそうでしょうか?大事なのは子供に徹底的に『事の善悪』を時間かけて教え込む事が大事だと思うんです。ここで言う『事の善悪』は『悪い人についていってはいけないよ』『面倒でも人通りの多い道を通りなさい』という事などです。

挨拶できない人間は『悲しい人だな』なんて思っちゃったりしてしまいます。そういう風潮を作ってしまったこの社会もどうなんだろう?たちは居住者の方に無視され続けても挨拶します。これはもう自分の為をわりきっています。

自分の娘、だれかれかまわず『ど~も、こんにちは!』なんて大きな声で挨拶をします。この挨拶はこれからもずっと続けていって欲しいし、『変な人についていっては絶対ダメ!!』とはトコトン教え込むつもりです。しっかり挨拶できる子になってくれたんだから、詰めはしっかりしておかないとね。

どんなに世が変ってもこういうことは変らないで欲しいと思うたちでした。

新しい仕事の話をいただきました。

もうお付き合いさせてもらって1年が経とうとするマンション。

管理人さんとも話がはずむようになり、最近の管理人さんの実情を聞くまでになりました。話を聞けば聞くほど大変な稼業だな、なんて思ったりします。そんな管理人さんもあと数年で定年を迎える様子。まだまだかんばってくれないと困りますよ~と話しました。

この管理人さん、非常にバイタリティーのある方で時間を見つけては駐車場の雪かきをしていたり、屋上に上って屋根の修理をしたり、休む時間がない人。自分の親世代の人たちが頑張るのを見ると自分も負けていられないと元気付けられます。

この管理人さんたちが思うになかなかの『高圧ジェット』好きとお見受けしました。話しているところから壁を指差して、『あの壁ちょっと高圧洗浄かけてくれない?』と言われ、かけてみたのですが思うように汚れが落ちませんでした。『じゃぁ洗剤を使った清掃で見積だしますよ。』と言って帰りました。話が決まるかどうかは別にして、頼ってくれるのは嬉しいことです。

このマンションの役にトコトン立ちたいとおもうたちでした。

天気予報はずれ。

今日は朝が寒かったぁ。

うっすら雪が積もっていたのが自宅の窓越しから見えたのですが、『あ、大して降ってないな』なんて思って支度して外に出たら、まぁ寒い事寒い事。自転車のハンドル(握る部分)が凍っていました。今までこんな事なかったのにな・・・

でも今日は天気予報で15℃近くまで気温が上がるっていってたし、虚の現場はそんなに寒くないだろうな・・・と思っていました。

現着して準備していると地面がしっかり凍結。最近のマンションはコの字型のマンションが多く、このマンションも例外ではなくコの字でマンションの建物で囲まれた部分は日も当らず昨日降った雪が凍結していました。

その雪解け水もあり貯留槽の清掃にまず槽内の水を抜かなくてはいけないのですが、この水を抜くのに午前中いっぱい掛かりました。ここでちょっと時間のロス。現場の人たちは初めての現場で、どうやれば効率良く清掃できるか試行錯誤していました。やはり机上で論議するのと、実際現場で作業しているのと勝手が違いますからね。

その作業中たちはず~っと安全監視員。このマンションは結構小さい子(幼稚園)が多く、ちょっと目を離すと大変なことになりかねないのでしっかり番してました。でも・・・

いっこうに気温が上がんないんですけど・・・
15℃ってこんなに寒かったっけ。

今日の作業中はおそらく15℃になった瞬間はなかったと思います。

天気予報は見事にハズレ。

明日は多分作業員。
ちょうど身体もなまってたし、しっかり運動してあったまろ。

明日の現場。

明日は雨水貯留槽という設備の清掃をやります。

たちはその現場を取ってきたこともあり、現場に参加します。そこで今入手した情報によると・・・

明日は雪。

え?マジッすか?
雨水貯留槽は降った雨水を一時的に水を貯める施設。当然雨が降るとそれだけ槽内の深さが深くなっていくのですが。雪だと最大のデメリットが1つ。

それは雨なら雨が上がれば槽内への水の流入はそこで殆ど終わるのですが、雪の場合は雪解けと共に槽内へ水が入り込みます。槽の床面を清掃する作業で出来ることなら床にたまった水は取り除いて清掃してあげたほうがキレイになるんですが・・・明日はちょっとした工夫が必要になるかもしれませんね。雨水貯留槽の清掃はあまり依頼としては入ってこないのが現状。じつはたちは明日初めての雨水貯留槽清掃。みんなの清掃を見て勉強させて頂きます。

雪にならずに雨で終わる事を願ってます。
気合入れていきます。

ミスした自分が情けない・・・

排水管清掃の案内を配布・掲示しに行ったときのこと。

この現場は会社から現場に行くまで2時間弱かかる現場。事前に準備した排水管清掃の案内を持って出発。このとき時間は10時半。

たいした渋滞もなく、そこそこ順調に現地に到着。各戸に戸別の案内を配布を済ませ、次は掲示物に作業を始めようとして・・・なんか案内に違和感があるような気がしてきました。

最初は全然わからず、でもその違和感はいつまでも拭い去る事が出来ず、真剣に1つ1つチェックしていくと・・・

部屋番号が逆の為、実施時間が入れ替わっている!

やってしまった~ と思ったのですが会社で直してもう一度掲示しに来るのは大きな時間のロス。そこでとりあえず近くのコンビニへ行って修正テープを買って対応しよう・・・と思いきや。

ここは都内の超一等地。

・・・コンビニを探すのにまた苦労しました。とりあえず見つけたコンビニで修正テープを購入。いらぬ出費をしてしまいました。あぁ情けない。

次回はこんなミスをしないように普段常備する道具に修正テープが仲間入りしました。

・・・気をつけよ。

わがマンションも始まりました。

わが家(マンション)にもいよいよ大規模修繕工事の準備が始まりました。

自分の生活と密に関わる大規模修繕工事は初めて。入口には大きなホワイトボードが2枚置かれました。

自分の部屋がいつ洗濯できるか。こと細かに説明してあり、毎日見ておかないと自分のマンションでどのようなことが行われているのかわからなくなりそう。自分のマンションに興味を持つという事では良いことなのかな。

一応5月位まで続くようなんですが、10数年のうちの数ヶ月と考えると短いのかな。

今回の大規模修繕工事は塗装工事も含まれるんですが、この前の住民説明会で色のサンプルが4つあったのですが、一体どんな色になるんだろう・・・気に入った色は自分的には1色しかなかったんです。残りの3つにならないことを切に願います。

勉強になります。

昨日は社内の中でも大きな行事がありました。

日頃の感謝をこめて普段取引している方々を招いて社員全員でもてなすというもの。この日はなかなか着ないスーツを着て、皆さんの前に立ちます。

招待するお客さんは設備関係、建築関係様々な人たちが集まります。これだけのパーティーですから当然お酒もあるわけで・・・

お酒がまわっていないうちは、挨拶から始まって仕事メインの話。このとき伺うお話はたちにとってとっても勉強になります。塗装のこと、給水管、排水管の改修(更生・更新)工事のことにはじまり、電気、浴槽廻り・・・外構にいたるまで業種は様々な人たちが集まります。自分が担当しているマンションに少しでも良い情報を提供できるよう話にも実があります。でも・・・それはお酒がまわっていないときのお話。

一度お酒がはいると・・・
会社の取引先様から「たちのお父さん世代」の方々に変身。そうなれば話は自然と、子供、孫のお話。どのお父さん、おじいちゃんも目を細めて携帯に入っている孫を見せてくれました。どのお孫さんもいやぁ、かわいいっすね。でもうちの娘も負けてないっすよ。

とにかく仕事の話、プライベートの話両方とも良いお話をさせてもらいました。

こんどまた会うときは一回り大きくなって(身体じゃなく)皆さんの前に顔を出そうと誓うたちでした。

業者の質。

何度かこのブログ中で触れているのがこの話題です。

『良い業者』って人それぞれ評価が違うものです。例えば

① とにかく安い!
② とにかく仕事がスバラシイ!
③ 両方

大別するとこんな感じでしょう。でも最近話した人は話の中でこういっていました。

「安くて良いものはない」

・・・なんとも深い言葉。確かに良いものをどんどん取り入れようとすると値段はどんどん高くなる。どこまでも削るものを削れば安くなる。いわれてみれば当たり前。このバランスがとっても大事。

これは形あるものだけではなく形の無いものいわゆる『サービス』にも通じるものはあります。

たとえば・・・
「24時間対応」
この文句をうたっている排水管・貯水槽の清掃業者さんが2つありました。

まず1つめの業者さん
こちらはとってもリーズナブルなお値段で評判。清掃後のアフターサービスも『24時間対応します』とうたっています。この業者さんに見てもらっているお客さんのところで水廻りのトラブルが発生。24時間対応してくれることを思い出したそのお客さんはその業者さんに電話。その時間はもう夜中といって良いくらいの時間帯。
お客さん(以下客)
「すみません、ちょっと水廻りで見てもらいところがあるんですけど・・・」
業者さん(以下業)
「あぁ、今ちょっと動けないんですよ。明日で良いですか?」
客「今日これからではダメですか?」
業「明日動きます。」
客「じゃぁ違う所に相談してみます。」
業「ウチが動けないんだから、他も同じですよ。」

2つめの業者さん、同じく24時間対応を行なっていますが、各々の代金は1つめの業者さんと比べてちょっと高め。
客「すみません、ちょっと水廻りで見てもらいところがあるんですけど・・・」
業「どんな状況ですか」
客「・・・といった状況です。」
業「今日は復旧する事は難しいと思います。一応今日応急処置をして、明日改めて修理することになるかと思いますが、それでも良いですか?」

・・・さてこれは実際にあったお話。どちらもその日のうちの修理は無理といっています。このトラブルが例えば給水のトラブルだった場合、電話で明日にしてくれ、もしくは自分でバルブを閉めておいてくれというのも1つの対応だし、その日の修理が無理でも、とりあえず出向いて元のバルブを閉めて明日改めて仕切りなおす・・・といった対応もあります。

ここで大事なのはどちらも『対応』はしているという事。これが24時間なされていればどちらも『24時間対応』になるわけです。ではお客さんは何を業者に求めているか?それは『どれだけお客さんのために行動を起こせるか』にかかっています。表のサービスの先にあるものが存在するのかを見極めることも必要なのかもしれません。

でも人の考えは多種多様。問題が起こることを全く想定しないならば、安い業者さんであればるほど良いでしょうし、リスクに対して保険を掛けておきたいのであれば多少のコスト高はやむをえない場合も出てきます。その保険の部分をどれだけ重視するかでかかる金額も変っていくでしょう。一概にどの業者が良いとは言い切れない場合もあります。考え方にあった業者さんが『良い業者』さんと言えるでしょう。

あとは『同じ事で何度も足を運ぶ業者さん』、要注意。給水・排水共に円滑に機能させるためにはそれ相応の『理屈』があります。この理屈の要素は様々でその理屈が各々の環境により変化した場合はその機能も変化する事を認識する必要があります。『不具合』がどの『理屈』をイタズラしているのかそれが見抜けない業者さんも考え物です。その『理屈』を常に見抜けるように日頃から精進するよう心がけていくのが業者としての責務であると思います。

ま、たちはまだまだその辺は勉強中なので・・・
あまり偉そうなことがいえないのが残念ですが・・・

ただいま売込中。

今様々な方面で「排水管調査」を売込もうと思っています。

例えば今後の大規模修繕で排水管の改修工事を考えている管理組合さん、またその手助けをしている業者の方々。

排水管調査はなかなか身近にないもの。大体排水管調査の取っ掛かりは、
① 排水管から異臭がする。
② 排水桝付近の地面が陥没している。
③ 大規模修繕の参考にしたい。
など。そして何といっても
④ ちゃんと洗ってるの?

どの理由にしてもお任せ下さい、といった感じ。
①、②は排水管に問題がある場合の殆どはこの調査でアタリをつけることが可能です。③は大きな仕事の前調査になるので気合が入るので大好きな仕事の一つ。そして④は『どうだぁ~』と叫んでしまうくらいキレイに洗えているのにビックリします。(詳しくはホームページ見てください)でも正直・・・自社の清掃前・清掃後は何度も見ているので・・・他社様の清掃後を調査してみたいなあなんて思ってます。他社と比較して自分達の清掃と他社の清掃とどの程度の違いがあるのか、ずーっと興味を持っている事の1つです。

そんなお話、めぐってこないかなぁ・・・

機会があれば是非やってみたいですね。
プロフィール

たち

  • Author:たち
  • とうとう35歳になり心身ともにさらにあぶらがのりきってます。
    趣味:水泳・スキー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashアナログ時計(背景可変版)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。