スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の仕事の相棒さん

今入っている大規模修繕工事の代理人さんについてちょっとお話します。

このブログでこのジャンルはなかなかかけないのですがそんな中での2回目の登場。

実は彼は今もう臨界点ぎりぎりのところで仕事をしています。たちはその補佐をしているのですが、工事が始まってからというもの毎日午前様。まだ工事が始まって数日なのにたちと彼の話し口調は絶えずピリピリしています。

でもこの仕事に対して口調なんでどうでもいいんです。2人の目的はただ1つ。この工事を成功させること。だからそれぞれの視点で足りないもの、欠けているものを見つけては代理人の彼に遠慮なく言葉を発します。工事写真1つとっても何部屋も行き来する彼が写真撮影をこなすというハードワークの中で「この写真はもう撮ったよ」とか「あの写真早く撮りにいかないと間に合わなくなるよ」など時として彼を煽ります。

ここ数日の工事状況を振り返って2人でちょっと話しました。驚いたのは2人とも自分達の口調がきついことを気にしていたこと、そしてその口調で受けたことをそのときはムッとしてもきれいさっぱり忘れられる不思議さがあることでした。さらに話を深めていると決して不思議なことではないことに気づいたわけです。

正直今回の工事は激務です。ちょっと気を抜けばたちまちクレームの嵐。そんな今までに味わったことのない緊張感の中で2人とも口調に相手を気遣う余裕はないんです。とにかく1秒でも早く今の状況を相互で確認することが1番大事なこと。どんな些細なことでも気がつけばどんどん彼に提案します。提案したことを採択するかどうかは彼次第ですから、現に棄却されたこともあるし、逆に間一髪でトラブルを免れたこともあります。これだけのきつい口調で普通でいられるのはお互いの信頼感があってこそ。そして『とにかくこの工事を無事に終わらせる』この1つの目標が明確にあるので工事が終われば気にならないんです。結構自分は普段からあれだけの口調でやり取りすると気にしちゃったりするのですが今回は自分でも不思議なくらい気にしてません。

おそらくこの工事が終わる頃には自分は大きく成長できると思う。このブログで更に深みのあるものを載せるようできるよう1日1日を大事にしていきたいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

たちの周りの人が新しいことを始めました。

このカテゴリは久々ですが、
今日は2回目の登場になります。

もう気づかれた人もたくさんいると思います。

このブログ立上げに協力してくれたみやまぁサンが新規分野の開拓に入りました。実は前々からお話だけは本人より伺っていたのですが、いよいよ始動されたようで・・・おめでとうございます。

実はもうちょっと前にこのブログで紹介したかったのですが・・・紹介する機会をことごとく逸してしまい、今日まで延びてしまいました。

内容というと「マンションの調査機関」なるものでしょうか?

たちもマンションに住んでいますが、「買った決め手は?」と聞かれると「勢い」と答えてしまいそうなたちです。(みやまぁさんがこのコメント見たらどうおもうかな
・・;)

みやまぁさんは「マンション」という媒体を多方面の角度から「住み心地」を調査することを仕事の主としているようです。これからマンションの購入を考えている人たちに、色々な情報を提供して不動産屋独特の「背中を押す」ような事をせずに「自分の意思で選択できるだけの情報を提供」する・・・と説明したらいいのかな?実際自分もみやまぁさんの仕事を見ていないのでなんとも言えませんが・・・たくさんのマンションを見てきたみやまぁさんだから、お客さんに説得力あることが言えるだろうな。

もし次マンション買うことがあれば相談しよ。

さて、興味を持たれた方はこちら。

メルすみごこち事務所

リンク集にもリンクしておきます。
残念ながら“マンションは『住み心地』調べずして買うなかれ!”は終了してしまうようですが個人的にもう少しリンク集に残しておこうと思います。

みやまぁさんの実のある情報提供がさらに得られることを期待しています。頑張ってください!

・・・プロフィールみたらたちとみやまぁさんて・・・同い年??なんとなくそうかな?なんて思っていたんだけど・・・

最近の出来事

最近この分類から相当遠ざかった記事ばかりでしたね。

それもそのはず。最近自分の周りに記事にできるくらい熱い人がいなかったから。でも最近入ってきた人はちと違うんです。今日はそのアツイ人を紹介します。

そのヒトはこの業界に必要な資格をいくつも持ち合わせているヒト。自分がこの人と同じ数だけ資格を持っていたら仕事でガンガン使っているだろうな、なんて思うのですがこの人が資格を持っているのは人に教える為に取ったのかな?と勘違いさせる位教え方が巧い!よく職人さんにありがちな見て盗め、という感覚がなく何でも聞けば懇切丁寧に教えてくれる人。でもこの人がアツイのはこの部分ではないんです。

アツイ部分とは、仕事の考え方がアツイんです。向上心があり、社内で積極的に意見を出してくれる人。さらに嬉しかったのは、会社を良くしていくためには、意見を出していくのはモチロン、その結果意見がぶつかりあっても当然と思える人。わかってはいるけどなかなか行動にできる人はいないと思いますし、今までで培った経験がうまく自信になっている人です。

この人と過去ログで触れたアツイ人達に色々なことを教わって自分をどんどん成長させていきたいですね。たちにとっては頼りがいのある兄貴ってかんじです。今までは頼りがいのあるお父さんばかりだったのですが新しい刺激がまた自分を成長させてくれることでしょう。

その成長を早くブログで反映できますよーに。

たちの周りのアツい人たち④

今日は営業側の部長の紹介です。
この人はとにかく人生経験がすごい豊富。過去がこんなに読めない人も珍しいのではないでしょうか?
今まで経験したことがまた普通の人が経験し得ないような話ばかり。部長には過去の話でも聞かされる人間にとっては、ものすごく新鮮に聞こえます。だからお客さんのところへいっても話が非常に弾む。仕事の話はホントにちょっと話すだけ。いつのまにか部長のペースにお客さんがはまっているような状況です。
社長の営業手腕を競馬騎手にたとえると、持っているあらゆる技術で馬と折り合いつける騎手だとすると、部長の営業手腕はどんな馬にも自然体で乗って馬はいつの間にか馬が折り合いついちゃってるような感じですかね。どっちの営業スタイルも参考になります。

部長の人生経験、ホント面白いです。
話の幅が非常に広い人なのでためになります。
お客さんもそんなところに惹かれているのでしょうかね?

たちの周りのアツい人たち③

今日は会社の現場の部長について。
ウチの会社は他社では洗えないところも洗える技術があることが売りです。当然それだけの技術をいきなり社員全員が使えるわけではなく、構造によっては作業員が結構てこずるときがあります。

現場でこんなエピソードがあります。

とあるマンションでは風呂の排水口が特殊な形をしており、ウチの会社が清掃する前は風呂は清掃していませんでした。以前の業者が清掃しない場所だけに洗浄ホースをなかなか挿入できない。てこずりながらも清掃していくと現場が終わる頃には作業員の手は傷だらけ。
ちょっと慣れた作業員だと洗浄ホースをこの排水口から入れるのに1分程で入れることが出来ます。ところがこの部長、なんとこの現場で排水口に洗浄ホースを入れる時間わずか2秒!大げさでなく2秒!!この人にかかればどんなに清掃しづらいところも難なくこなせてしまう。短い時間で挿入しているので、当然手はほとんど傷がない。この業界でも屈指の技術を持った人です。
「すごいですね。あそこを簡単にいれちゃうなんて。」
「何十年この仕事やってると思ってんだよ。」
・・・そういわれてみればそうだ。
なんといってもこの部長、会社の創業メンバー。その前もこの業界で働いており、この業界で二十余年のキャリアの持ち主。自分のキャリアは部長のわずか1/10。「すごい」なんて言葉をかける事自体野暮な話かもしれません。最近は年齢が年齢なだけに非常に疲れやすいようです。そのためペース配分をきっちり考えて仕事しているのですが(それでも仕事のスピードと技術はすごい)、たまに時間的に厳しい現場に入ると覚醒し、とんでもないスピードと技術を垣間見ることが出来ます。なかなかお目にかかれないのが残念ですが。

清掃で排水管をきれいにすることに「やりがい」を感じている人です。

今でもとんでもないスピードと技術を持っている部長。
「前はもっと動けたんだけどな。」
・・・動けていたときの部長の仕事ってどんなだったんだろう・・・
ものすごく気になる今日この頃です。
プロフィール

たち

  • Author:たち
  • とうとう35歳になり心身ともにさらにあぶらがのりきってます。
    趣味:水泳・スキー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashアナログ時計(背景可変版)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。