スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮肉にも…

ひっさびさの更新です。
頭の片隅にずーーーっと残っておりました。

おかげさまで毎日忙しい日々を送っておりました。
決して忘れていたわけではありません。

………………………………………………………………………………
さて、こちらのほうではひどい雨が降った日が何度かありました。みなさんのほうではどうでしたか?

この猛烈な雨の中、自分のお得意さんのところは雨水排水設備がちゃんと動いているか、自分を懇意にしてくれた主要なところで排水設備に心配な部分を抱えているところを廻りその日の仕事を終えました。

私の会社は夜間の緊急対応を行っているのですが、その緊急対応に2本の電話が入りました。内容はいずれも排水設備の警報が発報したとのこと。

その2本の電話の物件は両方とも私の物件。皮肉にもこの2件はこちらの排水ポンプの改善案を聞き入れてもらえず、何年もほったらかしにしていた物件でした。

最近の雨量は予想をはるかに超えるものがあります。最近のマンションは地下に溜まる水を強制的にポンプで排水するマンションも少なくありません。だからこそ大ごとになるまえに提案していたのですが…残念です。

担当しているマンションの特徴をもっと鮮明にわかってもらうよう、話術を磨かなくてはいけませんね。
精進精進…
スポンサーサイト

絶対に言えること。

絶対に言えること。
それは「絶対はない」
先日はこのことを痛感しました。

続きを読む

お礼

このブログを再開して2か月ほど経ちました。

思い返せば5年前、毎日とりつかれたようにパソコンに向かって記事を書いていた日々が思い出されます。

この記事を書きながら、5年という歳月にびっくり。2年の充電期間がありながらもよくこのページを残しておいたな・・・と。

正直このブログを再開するのも多少の不安があったことは間違いありません。ブログの女王も代替わりしたとも思える昨今で果たしてなんの宣伝もなしに、しかも毎日更新から(基本)週1不定期の更新で受け入れてもらえるのかどうかと。

こんな頻度でもコメントを下さる人がいることに本当に感謝です。最近ではさらに値引き競争が激化しているこの業界。「排水管清掃なんて、ただやってれば良い」と考えられているのではないかとも錯覚しかねない中で、見ている人は見ているんだな、と思えるコメントをいただき、本当に嬉しく思います。

最近の価格破壊は意味を為さないとのコメントを評している方もでています。この業界だけにあてはまるものではないとは思いますが、過度の価格破壊は「安全」と「安心」を破壊します。2人で1日60件ほど施工している業者さんを見ていると「なんかあったらどう対応するんだろう?」と思っています。

そんなあまりよくない風潮が主流になりつつある中でこのブログでいただけるコメントは本当に元気がでます。

これからもくだらない記事をつづっていくと思いますが、懲りずにお付き合いいただけると幸いです。

ありがとうございます。

常識破り

最近「この理屈からいくとこうなる」・・・なんてものが崩れています。
それは「下階の漏水」。水は普通は上から下に落ちるもの・・・なのですが、最近は「水が一旦横に行って下に落ちる」・・・なので最近のマンションの漏水は原因が特定しづらいときがあるんです。

通常脱衣場など水場が集中していて、その真下に漏水していれば、上階の水場の漏水・・・とあたりをつけることができますが、最近はマンションの防水がしっかりしているため、床面を伝ってとんでもないところから漏水したりします。これは最近のマンション独特の漏水の仕方といってもいいでしょう。

あるときはベランダの窓際から、またあるときは下階の配管スペースから・・・

配管スペースからの漏水は原因を特定するのに苦労しました。

配管スペース天井からの漏水だったので当然水道屋さんは上階の配管スペース内配管からの漏水を疑います。そこでコンクリートを斫ってみたものの・・・まったく漏水なし。なんと漏水箇所は台所の蛇口でした。台所の蛇口で漏れた水がマンションの防水が非常にしっかりしていたため、防水の切れ目である配管スペースまで水が伝っていってしまったもの。この事例をはじめて目の当たりにしたときはびっくりしたのと、今後は漏水の原因探しに苦労するな・・・なんて思いました。

ベランダで漏水するとたいていのマンションは水廻りはベランダまで配管していないため、なかなか漏水の当りが付けられないときがあります。また配管スペースのように当たり前に配管されている場合は、そこが原因で無い場合は土つぼにはまったりすることも・・・でも最近は色々経験させてもらったおかげで「ここかも・・・」と思えるようになりました。

この経験は今自分の中でしっかり生きています。ここ1年ブログの更新をせずにいましたが少しずつ、こんな経験をお話できたらいいな・・・と思う今日この頃です。(この結びの言葉を使うのも久しぶりだな・・・)

今日もお仕事。

人間は不思議なものです。

今日も働いてます。でもそんなにストレスは溜まっていません。なぜなんでしょう?たぶん自分の「反骨精神」が功を奏しているのかもしれません。

毎日のように自分の体調を心配してくれる人がいます。休日出勤、徹夜仕事・・・今の仕事は自分にとってとても過酷です。それは正直なところ。でも、カミさん、子供、上司、同僚、後輩・・・みんなが口を揃えて『ムリするな休め』といってくれます。でも残念ながら今自分が休むと気が抜けて逆に体調が悪くなっちゃいそうな気がします。今は休めないし、休みたくないんです。

でも人一倍サボりたい気持ちが強い私は、「これが落ち着いたら思い切り休んでいいですか?(もちろん社会人の常識の範囲で)」と貴意いたところOK。こんな返事をもらっているので本当に気が楽です。人間『勝負どころ』が必ずあります。そのときは自分の持てる力以上のものを発揮しなくてはいけないとき。それがおそらく自分にとっては今なんです。だからもうちょっと頑張ります。

これを成し遂げたらすごい自信につながるんだろうな、と思いながら。自分の考えを尊重してくれている周囲の方々に改めて感謝です。
プロフィール

たち

  • Author:たち
  • とうとう35歳になり心身ともにさらにあぶらがのりきってます。
    趣味:水泳・スキー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashアナログ時計(背景可変版)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。