スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消防設備士とはなんぞや?

この前の話のつづき。

いろいろな消防関係のホームページで「消防設備士」がなんたるかを調べてみました。消防設備士って8つの類に分かれているということを初めて知り、ちょっとやる気が萎えそうに・・・でもそんなことも言ってられない。とにかくやってみること。でなければ何も変わらない。自分にいつも疑問符をつけている今の自分に変わりがない。いろいろな方のコメントをみると、どうやら2類、3類がとっかかりやすいとも書いてありましたが、給排水と共通項の多い1類を一番最初に受けることに。ある程度決意を固めて資料(参考書)さがし。

そんななか、ある人に
「消防設備士受けようと思うんだ」といったところ、
「受かるわけないでしょ」とありがたい言葉が・・・

この言葉がこの目標を「確固たる決意」に変えてくれました。きっかけはものすごく幼稚かもしれません。でも自分にやる気を出させるきっかけならばこの際なんでもいい。今ではこの言葉を言ってくれた人に感謝しています。実際に直にこのことを話すこともあったし。

さあ、ようやっと決意をかためた私ですが、試験は1ヶ月先に控えています。結末はいかに?

・・・結構話すと長いのでブログのネタのために小出しにさせていただきます。あしからず。
スポンサーサイト

思い返すこと、2年前

新しくカテゴリーを追加しました。


思い返すこと2年前、前回の記事にもあったように自分の心は重く沈んでいました。


自分に自信がもてない。


この先の目標が見当たらない。


こうやって文字にしてしまうと単純ですが、現実にはそうはいかず、考えなくてもいいことまで深く考え込んでしまっていました。


資格取得のきっかけは…


ある管理会社のフロントさんがいました。たくさんいらっしゃるお客さんのなかで、わりと腹を割って話せるお客さんの1人。ある日のこと、とある物件の相談事を持ちかけられました。それは「給排水」ではなく、「消防」のこと。私は当たり前のように


「消防はわからないんですよ」と返答。すると

「何言ってんのよ、消防も水でしょう?」と半ば強引な返しが。


このときはこんな他愛もない話で終わったのですが、よくよく考えてみると確かに漢字に「さんずい」があるので「水」ともとれるよな…ん?


なんかいつの間にか自分の中で考えが凝り固まっていた感じを受けました。


専門業者としての「水」の捉えかたと、一般の「水」の解釈に齟齬があるのではないかと。いつのまにかお客さんとの見えない、しかもわかりづらい部分で距離ができてしまっていたのでは…そんな風に考えるようになりました。


数日後、インターネットで「消防設備士」というものに興味を抱きいろいろ調べた結果、たまたま大学の卒業学科で「甲種」が受けられることが判明。


ちょっと受けてみようかな…そんな気持ちになっていました。


1つの目標に動き始めた私でありますが、これを確固たる「決意」に変えてくれたのはとある人のとある言葉。


それはまた次の機会に…


現在の自分が存在できている「人生の分岐点」、お話はまだ続きます。
プロフィール

たち

  • Author:たち
  • とうとう35歳になり心身ともにさらにあぶらがのりきってます。
    趣味:水泳・スキー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashアナログ時計(背景可変版)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。